インプラント

  • 治療内容
  • 歯科用CAD/CAM
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 高齢者歯科
  • 歯周病治療、歯内療法、補綴治療、顎関節症治療

診療カレンダー

診療カレンダー

歯が抜けてしまった、入れ歯が合わなくて困っている、という方へ

インプラントイメージ

インプラントとは「人工歯根」のことで、歯の抜けた部分の顎の骨にインプラント体を埋め込み、その上に人工歯をつける治療方法です。

入れ歯のように取り外しができないため、しっかりと噛むことができますし、見た目も気にならないことが特徴です。

しかも当クリニックは、全てカスタムアバットメントを使用しています。 既製のものとは違い、患者様お一人お一人に合わせて製作していますので、より天然歯と同じような審美性と安定感があります。

安全なインプラント治療を行うために

歯科用CT

当クリニックでは、より安全にインプラント治療を行うために歯科用CTを導入しています。

インプラントを成功に導くためには、顎の骨の厚みや形状などを正確に把握し的確な判断を行うことが不可欠です。 歯科用CTの導入によって顎の骨の状態を立体的に確認し、インプラント埋入前にコンピューター上でシミュレーションすることで、 正確で安全なインプラント治療が可能になりました。

サージカルステントイメージ

また、インプラント埋入時はサージカルステントを使用します。 これは、インプラントを埋入する位置や方向をガイドする器具で、正確な位置にインプラントを埋入することが出来ます。

そしてインプラント治療の成功に一番重要なことは、患者様にご納得頂くことです。
当クリニックでは、最終的に装着する人工歯やインプラント埋入位置などを診断用ワックスアップ(模型)を用いて、 予め患者様に見て頂いております。

患者様には十分にご納得頂いてから治療を始めていますので、 安心して治療をお任せ下さい。

インプラント治療の流れ

---ここから---

STEP1 カウンセリング・検査・治療計画

STEP1 カウンセリング・検査・治療計画

まずは、インプラント治療についてのカウンセリングを行います。ご不安な点やご相談事をお聞かせ下さい。

その後、お口の中の状態を確認するためレントゲンやCT撮影などを使用し詳しく検査を行います。
検査の結果により、より的確なインプラント治療を行うための治療計画を立案します。


STEP2 サージカルステントの製作

STEP2 サージカルステントの製作

歯型を採取し、プラスチックでサージカルステントを製作します。これを用いることで、狂うことなく正しい位置・方向にインプラントを埋入することが出来ます。


STEP3 インプラント手術

STEP3 インプラント手術

インプラント体を顎の骨に埋め込み、仮の歯を装着します。
入院の必要もなく、当日から普通に生活していただけますし、 腫れや痛みもほとんどありません。※個人差があります

手術後はインプラント体が顎の骨にしっかり結合するまで数ヶ月の期間をおきます。


STEP4 カスタムアバットメントの装着

STEP4 カスタムアバットメントの装着

当クリニックは、全てカスタムアバットメントを使用しています。 患者様お一人お一人に合わせて製作していますので、より天然歯と同じような審美性と安定感があります。


STEP5 人工歯の製作と装着

STEP5 人工歯の製作と装着

インプラント体と顎の骨がしっかりと結合すれば、被せものを作成するための型取りを行います。

天然の歯と見分けのつかない人工歯をインプラント体に装着すれば完成です。


STEP6 メインテナンス

STEP6 メインテナンス

インプラントは状態さえ良ければ10年以上お口の中で正常に機能します。 過去には40年以上も長持ちさせたケースもありました。ただし、そのためには日常のメインテナンスが重要です。

インプラントも自然の歯と同様に、歯周病が重症化し歯根周囲の骨が溶けてしまえば抜け落ちてしまいます。
お口の中の衛生状態などを定期的な健診でチェックするようにして下さい。


---ここまで---

骨の高さが足りないとインプラント治療はできません

ソケットリフトイメージ

インプラント治療を行う際、骨の高さや幅が十分に存在していることが重要です。
特に、上顎にインプラントを埋入するには十分な骨の高さが必要となりますが、 残念ながら上顎にインプラントを、とお考えの約60~70%の人が骨の高さが不足している状態です。

「ソケットリフト」という治療方法は、特殊な器具を用いて骨の高さを確保する治療方法です。
骨の高さが足りず、インプラント治療を諦めていた人でも「ソケットリフト」により治療が可能になる場合があるのです。

ソケットリフトの治療の流れ

---ここから---

STEP1

上顎の骨の高さが足りない状態

上顎の骨の高さが足りない状態です。


STEP2

上顎洞(サイナス)の底部を押し上げ、骨補填材を入れます。

特殊な器具を用いて上顎洞(サイナス)の底部を押し上げ、骨補填材を入れます。


STEP3

上顎洞の粘膜を少しずつ押し上げ、インプラントを埋入する高さを確保

骨補填材で上顎洞の粘膜を少しずつ押し上げ、インプラントを埋入する高さを確保します。


STEP4

インプラントを埋入

インプラントを埋入します。


---ここまで---

ページの先頭へ